メンタルをどうにかする日記

都内私立大学の三年生です。教員を目指してます。嘘です。正確に言うと教員を"目指してました"。突然教職を諦めて旅に生きることにしてしまったブログ(そんなことできるのか!?)

わたしはバカにされたかったんだ

こんばんは。

夏休みに長野に友達と一緒に行ったのに、
記憶が消えてしまったことですっかり忘れていました。


あの時『お前本当に天才だな!』『俺はこんな友達が欲しかったあぁぁぁ~』って言われてとっても嬉しかったんですよね。


でも、なぜか満たされなかった。


何でだろう。(改めて)良い友達ができたなと実感できたんだから良いじゃんって思うけど、その深層心理が分かりました。




私、頭が良いんです。←あれ?😂😂どうした??😂😂

・・・
授業で、みんなが「?」ってなってる時
先生が焦ってヒントを出すと、
最初に「あ!」ってひらめく💡人って

たいてい、私なんです。



だから、みんな「○○ができなかったら俺/私できない」って言い出して
毎回授業の最先端、一番走者をやっているのが私なんです。
でもね、現場を生きる人って大変なのよ。



「○○頭良いもんねマジでテスト助けてください!」
「○○いなかったら俺終わるわ」


…裏を返せば誰も頼る人がいなかったってことだよね。

それがつらかったみたいです。私がダメになったらみんなダメになるっていうプレッシャー(笑)


そして親友に再会して言われた言葉。

まず、開口一番
「よく来たね」
…😂😂ちょっと上から目線なところがいいでしょ😂😂


で、あの時のこととか、今の悩みとかを話した後(または話してる間)に
彼女の放った言葉


「○○ちゃんはバカだよね、でもそこが良いんだよね」


…😂😂😂

「バカだから、がむしゃらに一生懸命頑張れる」
「普通なら見えてる先(未来)が、見えてないから、突っ走りすぎる。
その先が落とし穴か、より良い未来への近道かは、誰にも分からないけど、○○ちゃんはそこに飛び込むことができる。」
「普通は、諦めるとか、妥協するってことをするんだよ」


…私にはたくさん"私のことをバカにしてくる"友達がいるのですが、←バカにしてくるのに試験前だけ頼ってくるのが本当に謎ですよね(笑)
でも、彼女の"バカにしてくる感じ"だけは心が怒らない。
てか完全にバカを誉め言葉で使ってる。バカにしてるけど(笑)
私を分かりきった上でのバカにしてる感じが嬉しいです(笑)



「○○はすごい」「○○はお金持ちでうらやましい」「○○は明るくて本当に一緒にいるだけで元気になる」「○○は頭良い」「○○がいなかったら俺単位死んじゃう」「○○は天才だよね」「○○は完璧で弱点がない」
………………………………言われて、言われて、とっても嬉しかった。
嬉しかった。
けど、同時にプレッシャーになってた。
誉め言葉は自分を縛り上げてた。

本当はそんなすごくないのに。
分かってるのに。
そんな姿、期待してくれてる人達に見せるわけにはいかない。


…そうやって壊れていって結局その期待も裏切ったんです。(裏切ってない期待もあるけどw)



私はバカにされたかったんだな。
子どもに、戻りたかったんだな。
親が子どもに戻らせてくれなかった分、自分が自分の中の子どもを認めてあげられなかった分
誰かに
「本当に バカだね」って
言われたかったんだな。

だから私より頭の良い人を探していた。
←こういうこと言うとまるで頭良いみたいですけど私は努力系です😂😂


なんだか、最近の私の行動の理由が紐解けてきたような気がしました。