メンタルをどうにかする日記

都内私立大学の三年生です。教員を目指してます。嘘です。正確に言うと教員を"目指してました"。突然教職を諦めて旅に生きることにしてしまったブログ(そんなことできるのか!?)

自分の生い立ちがあまりに小説のようなので小説を書いてみたら心が病んでしまったのでよくないですね

こんにちは。

今日は暇です。

なのでいつかやってみたいと思ってた、
「ガチの自叙伝を書く」という絶対人には見られてはいけない文章を書き始めることにしました。


でもね…病む。病んでます。親から虐待されながら言われてた言葉とか書くのキツすぎる。

【ほんの最初だけ】
空想が大好きないじめられっ子ーーー○○ちゃん。

頭が良くて、明るくて、優しくて、友達がたくさんいて………憧れのキャラクターになりきることを、幼稚園生の頃からいつもいつも想像していた。

だけど、○○ちゃんは家族からおかしい変わり者。
幼稚園でたった一人だけの友達もなぜか突然会えなくなってしまったし、幼稚園でも、小学校でも、どこへ行ってもいじめられてしまうような子どもだった。だから、現実の世界で"理想の自分"になれる日は一生来ない………………

…はずだった……。


10年間、明るくて人気者のキャラクターという心の鎧に頼り続け、

家族関係、友達関係、異性関係、全てに問題を抱えているのに、それに目を背け続けていた○○ちゃんが

二十歳になって、本当の自分やその問題点にぶつかっていくノンフィクション(脚色あり)ストーリー!


ーーー
そうなんですね。理想の自分になれる日は来ないはずだったんですけど、
父親の暴力をきっかけに自己の統合が薄れたのか、
人前に出ると勝手に"理想の自分"が出てきてくれるようになっちゃったんですよね。


友達ができて最初は嬉しかった○○ちゃんだったが、
10年後、心の中の自分と、身に付けた鎧の年齢差に気付いてしまい、
そこから、「今まで鎧を付けて作ってきた友達はみんな"憧れの自分の友達"であり、私の本当の友達ではない」ということに気が付いてしまうんですよね。


で、鎧を脱いで本当の自分と向き合おうともがき始めたけれど、
今度は、脱いだ鎧が壊れてしまうという不測の事態に見舞われるっていう。



事実を少し脚色(二重人格風)していますが、
私の意識としては大方本当です。笑



他人事だと思って書いてるとすごく楽しいんだけど、虐待されてた時のこととか書くと、やっぱり落ち込みます。
続けようかな、これくらいしかやることないや(笑)

あとは旅行の予定も立てたいな(笑)

テストの予習と、ガチの自叙伝と、旅行の予定と、派遣のバイト、
日曜日の過ごし方はこの中からひとつ選ぼうと思います。